So-net無料ブログ作成
ポタリング ブログトップ
前の10件 | -

霧ヶ峰で避暑ポタ2 [ポタリング]

sns19090740.jpg
霧ヶ峰で避暑ポタの日記の評判が良かったのか、同じコースを走ってみたいと思われた方が数名出現。
スタートが8時半とはまたえらく早いなあ。
町田から行くのはかなり早起きしなくちゃならん、では前泊するか。で女神湖近辺に泊った。
コマクサ峠へロクライムのせいか夜中に脚が攣りまくり、翌日走れるか心配になる。
5時半の女神湖と蓼科山。脚は大丈夫そうだ。
sns19090701.jpg
7時57分に宿を出て白樺湖畔に着いたのが6時07分、10分しかかからないのか。
8時20分頃自転車を組み立てる。
sns19090702.jpg
程なく町田周辺から出発組も到着。
sns19090703.jpg
記念写真撮って
sns19090704.jpg
08:42 出発。湖畔巡りなどしないで直ぐに大門峠へ行きます。
前回より200m先で姫木平別荘地に入ります。
エコーバレースキー場に登るみちはキツイ。
他3名の方々は斜度の分かるサイコンを装着しているようなので斜度を聞いてみたら、皆さんバラバラ8~11%、まあ確かにキツイことは判った。
09:03 今は無くなってしまった姫木平スキー場の手前で小休止。3分
この手前400m程が10.1%あるみたいだ。
木陰で一息いれて9%坂を230m走りヘアピンを抜けると7%坂になって少し楽になる。
09:15 エコーバレースキー場で写真撮影休憩、5分
sns19090705.jpg
エコーバレースキー場からブランシュたかやまスキー場まではこんな感じの道路。
sns19090706.jpg
カラマツ林の向こうに蓼科山が見える。
sns19090707.jpg
0933 ブランシュたかやまスキー場、5分休憩
sns19090708.jpg
スキー場を出て県道155号を少し行った所から見えた蓼科山
sns19090709.jpg
3.5%坂を2.4㎞ほど走り
sns19090710.jpg
-7.1%坂を3.1㎞ほどダウンヒルすると
0:958 黒耀の水にとうちゃこ、7分休憩
sns19090711.jpg
ボトルを満杯にします。
sns19090712.jpg
国道142号は通らずに、平行している林道を降ります。
10:10 このコースの最低地点1099mを通過して国道142号に出た所にある、旧中山道の史跡。4分休憩
sns19090713.jpg
10:36 国道142号を2.7㎞登ったあたりに中山道の和田宿接待跡。4分休憩
sns19090714.jpg
水場があるのでボトルを満タンに、ってあまり減ってないなあ。
sns19090715.jpg
嘘っ八の10%標識
sns19090716.jpg
11:12 ビーナスラインへのアプローチ道路。3分休憩
sns19090717.jpg
11:21 ビーナスライン和田峠。2分休憩
sns19090718.jpg
11:24 農の駅でお昼、葉ワサビソバ。27分休憩
sns19090719.jpg
店に入る前は23度だった。
sns19090720.jpg
和田峠トンネル
sns19090721.jpg
おお、視界が開けた。山が見える。
何処の山?1
sns19090722.jpg
何処の山?2、帰宅してから調べても分かりません。
sns19090723.jpg
おお、あれは御嶽山だ。と言う事は何処の山?1は木曽駒辺り
sns19090724.jpg
宝剣岳も見えるじゃないか
sns19090725.jpg
これが御嶽山
sns19090726.jpg
乗鞍岳は雲の中
sns19090727.jpg
諏訪湖が見える。
sns19090728.jpg
穂高は山の影だな
sns19090729.jpg
八島湿原の駐車場からかろうじて穂高が見えた
sns19090730.jpg
12:26 八島湿原、15分停滞。すっかり秋の景色だ。
sns19090731.jpg
蝶の名は疎いから分かりません。
sns19090732.jpg
蓼科山は雲に隠れて見えません。
sns19090733.jpg
13:02 霧ヶ峰に出てきました。32分休憩
sns19090734.jpg
さあ行きましょうか、と出てすぐの所に開けた景色の見える駐車場があったので停まった。6分停滞。
sns19090735.jpg
八ヶ岳と富士山
sns19090736.jpg
富士山はこんな感じで雲から頭をのぞかせています。
sns19090737.jpg
14:00 車山肩、1803.8mこのコースの最高地点。後は駐車場まで降るだけ。
sns19090738.jpg
その前に霧ヶ峰富士見台で、八ヶ岳、富士山、南アルプスを撮り
sns19090739.jpg
伊那丸富士見台で八ヶ岳の編笠山から蓼科山まで撮り
sns19090740.jpg
14:27 車山スキー場の先の名無し展望台で蓼科山と白樺湖を撮り
sns19090741.jpg
14:36 駐車場とうちゃこ
sns19090742.jpg
帰りは温泉に浸かり、帰宅してから夕食をとるつもりだった。
家に電話すると、外食してから帰れ指令が出たので釈迦堂PAで山梨カツ丼を食べて、中央道は交通集中による渋滞と他に事故渋滞もあったので、都留から道志道経由で帰りましたとさ。
帰宅20時45分


今回のコース



走行時間 3h32m(行動時間 6h15m)
走行距離 46.30km
平均速度 13.1km/h
獲得標高 1065m
nice!(0)  コメント(0) 

コマクサ峠でへロクライム [ポタリング]

標高2000m以上の高所(舗装路)に行くシリーズ(笑
sns19090600.jpg
7月は天候不順でほとんど乗れなかった、あっという間に8月は過ぎてしまった。
秋になる前に登っておこう、と言う事で6日(金)にコマクサ峠へ行ってきた。

6時15分に国立府中ICから中央道に乗り
南アルプスは雲で見えないから釈迦堂PAはスルーして
7時18分に境川PAで境川ソバ(とろろソバ)で朝食
7時55分に須玉ICを出て国道141号に入ったけど朝の通勤ラッシュ?らしく混んでいる。
県道619号に逃げてみたけど工場の近くは混んでたなあ。
広域農道、県道28号で清里を迂回し国道141号に戻る。
9時02分に八千穂高原ICから中部横断自動車道無料区間に乗る。
佐久臼田トンネルを抜けると、ドーンと浅間山。
sns19090601.jpg
9時18分 予定では佐久北ICまで行く予定だったのに誤って佐久中佐都ICで降りてしまう。
でもルートをよく見たらとこっちが正解だったかも。
9時45分 小諸市南城公園とうちゃこ。
sns19090602.jpg
7-11小諸耳取店で買ったバナナを1本食べ、残り2本はサドルバッグに入れる。
しかし耳取って物騒な名前だこと、合戦で首を持って行く代わりに耳を持って行ったと言う話を聞いたことがあるけどその名残かな?
10時13分 出発。
10時21分 小諸城址前で写真撮影休憩、8分しか経ってない(笑
sns19090603.jpg
小諸駅です。雨が降っていても小諸城まで傘無しで行けます。
sns19090604.jpg
浅間山もよく見えます(右端)さて私はどの山に登るのかな。
どうやら左から二番目の目立たない小さなピークのようです。
sns19090605.jpg
信濃鉄道、第1北国街道踏切を渡り、国道18号を突っ切り旧道を走ります。
sns19090606.jpg
国道18号を400mほど走り再び北国街道へ、おおー、あれは美ヶ原の山々だ。
sns19090607.jpg
10時42分 何だかんだで48mほど降って牧家(ぼくか)の交差点、標高609mから登りスタートです。
sns19090608.jpg
雷電の生家があるというのでコースを外れてみました。
sns19090609.jpg
雷電の生家だそうです。
sns19090610.jpg
振り返ると雲のかかった残念な八ヶ岳が見えます。
sns19090611.jpg
11時03分 滋野神社にこんな石碑がありました。
sns19090612.jpg
えーっと、峠は2061mだから後1300mほど登る事になります。
距離は15㎞だから0.87%の坂を延々登らなければなりません。
こんなキツイ所だったの?
第三番 千手観音、地蔵峠まで色々な観音様が100体あるらしい。
立派な千曲川の河岸段丘と雲のかかった残念な八ヶ岳
sns19090613.jpg
11時30分 標高878mのアトリエ・ド・フロマージュにとうちゃこ
sns19090614.jpg
雲のかかった残念な八ヶ岳を眺めながら森のホエイ水を頂きます。ライム味でした。15分停滞
sns19090615.jpg
5分ほど走った所になんとも中途半端な標高の標識
sns19090616.jpg
観測所の標高が957mなのか
sns19090617.jpg
湯の丸スキー場まであと8㎞、と言う事は峠まで12㎞か
この手前はやけにキツイなと思ったがルートラボでチェックすると11.6%もありやがる。
sns19090618.jpg
標高1000m なんで反対側に標識を立てる
sns19090619.jpg
ここは横堰と言うらしい。開けた景色はここまで、この先は樹林帯に入ります。
sns19090620.jpg
標高1200m この先の右側の木陰で休憩、バナナを食べる。5分停滞
sns19090621.jpg
標高1370m 付近に大木があった。6分停滞
sns19090622.jpg
太いですよね、シナノキと言う木だそうです。
sns19090623.jpg
説明看板
sns19090624.jpg
全部撮るにはかなり離れなければならない。
sns19090625.jpg
標高1400m なんで反対側に標識を立てる
sns19090626.jpg
1450m辺りに沢へ降りる道があった。7分停滞
sns19090627.jpg
涼しい。沢の水は手を浸けると切れそうなくらい冷い。
sns19090628.jpg
標高1500m ちょっと疲れた。6分停滞
sns19090629.jpg
標高1600m 七十番馬頭観音でバナナを食べる。6分停滞
sns19090630.jpg
標高1700mはヘアピンカーブだった、もう少しだ。
sns19090631.jpg
もうすぐそこ。
sns19090632.jpg
14時17分 地蔵峠とうちゃこ。池の平湿原にコマクサ峠はあるのだ、あと4㎞
sns19090633.jpg
と、その前にあそこでソフトクリームでも食べよう
sns19090634.jpg
シナノゴールドソフト、ちょっとシャーベットっぽかった。
sns19090635.jpg
14時33分 池の平湿原に向かって走り出す。
500m程走って斜度が変わってグッと脚に力込めたらピクピクと違和感、ヤバイ攣りそう。
2分ほど休んで脚に力込めないように慎重に走り出す。
1.3m程走ったらまたピクピクと違和感、電信柱があったのでそれを支えに太腿や脹脛のストレッチを4分ほどおこなう。
650m程走って写真撮影休憩&道路に寝っ転がって脚を伸ばす。
sns19090636.jpg
5分ほど休んで100mほど押し歩きして再乗車。
510m程走って、また100mほど押し歩きして4分ほど休む。
420m乗っては140mほど押し歩きして3分休み。
280m程走ったら特別母樹林の看板、ほら2055mってなってるじゃん。
sns19090637.jpg
あ、何かすぐ先に建物か看板か人工建造物がある、いよいよ到着か?
湯の丸高峰自然休養林の看板だった。背後には駐車場があります。
sns19090638.jpg
13時37分 コマクサ峠とうちゃこ。
sns19090639.jpg
4㎞を1時間20分かかってる。歩きと変わらない(笑
標高2040m、うーそーだーねー。(ゲスニックマガジン西条風に)
sns19090640.jpg
地理院地図によるとコマクサ峠の標高2061mです。
sns19090641.jpg
嵩増ししている場所は多いけど、ここみたいに少な目に表示するってなんなんだろ。
https://maps.gsi.go.jp/#16/36.412925/138.439976/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

さて戻るか進むか少し悩む。
sns19090642.jpg
15時45分 車坂峠に向かって出発。4㎞のダートを選択した。
sns19090643.jpg
少し前に軽四が降って行った。
途中で写真を撮ってる軽四を追い越した。
しばらくしたら軽四が追い付いて来た。
ダートじゃ4輪の方が速いね。
MTBのベテランだったらどうなんだろ?
開けたところで写真撮りながら軽四をやり過ごす。
sns19090644.jpg
こんなダートが延々続きます。
sns19090645.jpg
16時06分 高峰温泉通過。
sns19090646.jpg
アサマ2000パークスキー場
sns19090647.jpg
16時15分 やっとダートが終わった。
sns19090648.jpg
16時17分 車坂峠1973m
sns19090649.jpg
さあー降るぞ
sns19090650.jpg
3ターン目で最後の写真を撮ってひたすら降ります。
sns19090651.jpg
16時44分 国道18号の交差点で停まります。車坂峠からここまで14.7㎞。
16時51分 南城公園とうちゃこ。

小諸はちょっと遠いです日帰りはキツイ、泊ると楽なのですが、、、
7日に霧ヶ峰避暑ポタをやるという方々が居て、それに合流するため今夜は女神湖周辺に泊まる事にした。
17時にチェックインしますと言ったけど、1時間遅れそうだな。

今回のコース




走行時間 4h41m(行動時間 6h42m)
走行距離 47.04km
平均速度 11.2km/h
獲得標高 1543m
----------------------------------------------------------------------------
○・2702m: 乗鞍(長野・岐阜)【自転車、徒歩、公共交通機関で行ける峠の最高地点】
○・2400m: 富士スカイライン(静岡)【マイカー、自転車で行ける最高地点】
○・2360m: 大弛峠(長野・山梨)【マイカー、自転車で行ける峠の最高地点】
○・2305m: 富士スバルライン(山梨)
 ・2180m: 御嶽山 田の原(長野)
○・2172m: 渋峠(長野・群馬)【マイカー、自転車で行ける国道の峠の最高地点】
○・2127m: 麦草峠(長野)
○・2093m: 大河原峠(長野)
○・2040m: コマクサ峠(長野)
----------------------------------------------------------------------------
○は自転車で行った事がある。
残りあと一箇所
nice!(0)  コメント(0) 

南町田のひまわりを見に行く [ポタリング]

南町田にもひまわり畑があって、やっと咲いたと聞いたので行ってみた。
sns19090205.jpg
鶴見川を遡り図師町辺りで離脱、忠生公園の南側を抜け
sns19090201.jpg
中里橋から境川を降る。
森野橋の下に翡翠パパラッチャーの爺さん達がたむろっていた。
雑談中で翡翠を狙っている様子ではなかった。
聞くと翡翠は何処かに飛んで行って戻って来るのを待っているらしい。
直ぐ下流の榎堂橋を見ると、居るじゃないか。
sns19090202.jpg
ズームUP
sns19090203.jpg
鶴金橋で境川を離脱し都道56号を走る。
南町田に来たが畑は無いぞ。
都道56号を引き返して金森に入ったらあった。
sns19090204.jpg
ちょっと遅かったか、花は全部うなだれている。
畑の中に自転車の轍が残ってる、皆さんここに置いて撮っているのか。
sns19090205.jpg
お、1本だけ元気なのがあった。
sns19090206.jpg
つくし野方面に走って都橋から恩田川を降る。
日影橋辺りの田圃、こどもの国線の電車は行ったばかりだから諦めよう。
sns19090207.jpg
緑区小山町の落合園で梨を買う。
sns19090208.jpg
鶴見川に合流して落合橋で左岸に渡り遡上する。
今年夏は自転車でコーヒー豆買いに行ってないのでお世話にならなかった木陰。
sns19090209.jpg
青葉消防署と川間橋の間のサイクリングロードは草で狭くなってる。
sns19090210.jpg
広袴公園まで戻って来た。
sns19090211.jpg
雷雨注意報が出ていたが、遭遇する前に帰りつけそうだ。
結局、雷雨は無かったようだ。


今回のコース



走行時間 2h26m(行動時間 2h57m)
走行距離 41.88km
平均速度 17.2km/h
nice!(1)  コメント(0) 

霧ヶ峰で避暑ポタ [ポタリング]

sns19081701.jpg
台風10号の後、暑くなるって聞いてたから、何処か涼しいところ無いかなと考えたらやはり高原か。
高原へ登っていくのは結局暑いから、高原だけグルグル回って、、、なんて虫のいい事だけ考える。
白樺湖から大門峠を降ってブランシュたかやまスキーリゾート、中山道を登って和田峠、ビーナスラインで戻る。
標高1100m以上をぐるっと回って45.3㎞。
うーんしかし獲得標高1110mか、栄村50㎞よりあるじゃん。

5時10分に出発してビアンキカップルを拾って、6時14分に相模原相川ICから圏央道に乗る。
富士山は見えたけど、笹子トンネルを抜け甲府盆地に入ると南アルプスも八ヶ岳も見えない。
7時39分 八ヶ岳PAに到着、ここからでも甲斐駒や八ヶ岳も見えない。
朝食は定番化したベーコンボードとコーヒー
sns19081702.jpg
08:55 白樺湖とうちゃこ、蓼科山見えません。
sns19081703.jpg
駐車場には86軍団や
sns19081704.jpg
モールトン軍団がいました。何処を周っていくのだろう。
sns19081705.jpg
09:20 我々も出発。まずは白樺湖畔を反時計回りに周り。
sns19081706.jpg
09:41 大門峠を越えて国道152号線を降ります。
涼しい!むちゃくちゃ涼しい。
でも路面の荒れが心配で、あまりスピード出せません。
09:46 大門峠から2.3㎞降った所で姫木平別荘地へ左折します。
10:16 別荘地内を通ってエコーバレースキー場で撮影休憩。
sns19081707.jpg
エコーバレースキー場からブランシュたかやまスキーリゾートまでは降り基調の広い道で、下り坂最高の気分だった。
全く車に会わなかった。
10:30 ブランシュたかやまスキーリゾートに有った車両
sns19081708.jpg
ファミリーハウス「パンプキン」と車両
sns19081709.jpg
10:47 2.3㎞程ゆるい坂を登ると平均斜度7.4%のダウンヒルだ。
ヘアピンの先1km程は平均斜度9.4%、これを登りたくなかったので半時計回りにしたのよ。
10:52 黒曜の水とうちゃこ、15分ほど停滞。
sns19081710.jpg
八ヶ岳PAで汲んだ八ヶ岳の美味しい水を捨てて冷たい黒曜の水を汲む。
つでに頭にも水をかける、冷たくて気持ち良い。
看板の上にあるのは黒曜石の穂先の槍、実際はプラスティックですけどね。
sns19081711.jpg
国道142号に並走する林道を降る。
木陰が延々続き、下には渓流が流れる涼やかな道、小枝が散乱するのが玉に瑕。
11:12 国道142号に合流した所に中山道の史跡。
sns19081712.jpg
ここから10m手前の橋が今回のコースの最低地点1115m。
ここからしばらく登りが続きます。
木陰の無い場所もありますが、ほとんど木陰です。
sns19081713.jpg
時々大きいトラックが降りてきたりしますが、登っていくトラックはいなかったなあ。
11:35 中山道を2.6㎞登ったあたりに標識と水場がありました。
sns19081714.jpg
道路の向かいに中山道の和田宿接待跡がありました。
sns19081715.jpg
国土地理院の地形図でも地名は“接待”とあります。
昔は旅人に接待していたらしいです。
sns19081716.jpg
どうもこの10%標識はウソだろう。
sns19081717.jpg
私なら10%もあったら絶対途中で休憩入れるから、こんな楽な10%はありえない。
嘘っ八の10%標識の前で記念撮影(笑
sns19081718.jpg
大体がこんな木陰だから楽に登れたとこの方もおっしゃってました。
sns19081719.jpg
東餅屋にあった廃墟。第76カーブで最後だろうと思っていたら分岐まで78カーブがあった。
sns19081720.jpg
もうすぐビーナスラインだ。だから10%ってウソだろ。
sns19081721.jpg
旧中山道とはお別れ
sns19081722.jpg
峠はもう少し上なんだけどね。
sns19081723.jpg
12:18 ビーナスラインへのアプローチ道路。ここを登っていたらモールトン軍団とすれ違った。
sns19081724.jpg
12:26 ビーナスライン和田峠。坂の途中は峠とは言わないの!
sns19081725.jpg
12:31 農の駅でお昼だ。42分停滞。
sns19081726.jpg
葉わさびざるそば、キノコ汁、おいしい牛乳。
牛乳は先に飲んでしまったので写真無し。
sns19081727.jpg
ビアンキに付いているガーミンは気温30度だと言っていたが、そんなにあるか?と言うくらい過ごし易い。
ちなみにカミさんから「エアコンに聞が外気温39度と言っている。」とラインが入ってた。
ここからはまだまだ登りが続きます。
基本緩い登りなんですが、2箇所ほど9%台の短い登りをこなして4.3㎞ほど走り
13:38 八島湿原にとうちゃこ。35分停滞。
sns19081728.jpg
日差しは暑いけど、風は涼しい。流石1646mです。
sns19081729.jpg
おお、蓼科山の山頂が見える。
sns19081730.jpg
車山のレーダードームも見える。
sns19081731.jpg

八島湿原の先のピークを過ぎたら、霧ヶ峰まで降りだと思ったのは昔の劣化した記憶だった。
実際は2段階登らねばならなかった。
14:50 霧の駅とうちゃこ。30分停滞。八ヶ岳が見えてきた。
sns19081732.jpg
ソフトクリームを食べたのだが
sns19081733.jpg
道路の向こう側には、乗馬体験コーナーがあって霧ヶ峰の涼しい風に乗って馬糞の臭いが漂って来るのが減点対象(笑
sns19081734.jpg
ロングコース約10分、2000円を体験する方
sns19081735.jpg
15:45 車山肩、ここまで来たら正真正銘下り坂一本です。
sns19081736.jpg
でも、伊那丸富士見台で撮って
sns19081737.jpg
550m程先の展望台で撮って
sns19081738.jpg
更に4.2㎞先の車山スキー場の少し先の展望台で撮って
sns19081739.jpg
16:26 高原ポタ終了。
sns19081740.jpg
帰り着いて車外温度計をチェックしたら24度でした。

石遊の湯に浸かって帰りました。
ボディソープはあるのに、シャンプーは別売りという珍しい温泉だった。
sns19081741.jpg
東京都町田市に10時半頃帰り着いたのだが、外気温31度とは!
東京は暑いねえ。

今回のコース




走行時間 3h40m(行動時間 7h15m)
走行距離 50.52km
平均速度 13.7km/h
獲得標高 1093m

nice!(0)  コメント(0) 

座間のひまわりを見に行く [ポタリング]

10日、土曜日に座間のひまわりを見に行きましょう。その後はカキ氷食べてランチしましょう。と言うお誘いに乗った。
sns19081000.jpg
小田急相模原駅集合、10時出発と言う事だったので、8時25分頃家を出る。
ちょっと暑くなり始めている。
汗かかないように(と言っても無理だが)ポタポタモードでゆっくり走る。
坂は頑張らない、信号で止まる時は手前の木陰で止まる。
境川を境橋まで降る。
谷口小学校入口から谷口中学校前まで登るのが、境川から相模台段丘へ上がる一番楽なルートだと思っている。
相模大野駅から小田急相模原駅までは小田急線沿いに走る。
9時27分到着、ちょっと早すぎた。
sns19081002.jpg
GoogleMapをボーッと眺めていたら、何やら長いトンネルを発見。
キャンプ座間の下を通っているようだ、走ったことないので行ってみよう。
バイクや車は進入禁止なのでとても快適だ。
相模川左岸の土手道を下り座架依橋をくぐると座間ひまわり畑が見えてくる。
土手道に家族連れがやけに多いなあと思ったら、ひまわり畑見物の駐車場は河川敷の駐車場を使っているからか。
駐輪場にはバイクラックが設置してあった。
sns19081003.jpg
暑い中ご苦労様です。
sns19081004.jpg
案内看板によると3分咲との事
sns19081005.jpg
ポツポツと開いてないのもある。
sns19081006.jpg
なるほど、開いてないのも結構あるなあ。
sns19081007.jpg
背が高いから手を目一杯伸ばしても上の写真程度しか撮れない
sns19081008.jpg
展望デッキに登ります。
sns19081001.jpg
奥の方をズームアップ
sns19081009.jpg
あちいからビール飲みに行く。ノンアルコールビールです。
sns19081010.jpg
坂を2つ登って6㎞先の海老名市東粕谷の「わたぼうし」にとうちゃこ
sns19081011.jpg
11時25分、開店5分前なのに20人ほど並んでいた。
ウェイティングリストに記入して、向かいの東粕谷近隣公園の藤棚の下で待つことにした。
sns19081012.jpg
12時27分、桃の天然氷のカキ氷、中に桃のコンポートが入っている。
sns19081013.jpg
冷たい胃袋の存在を感じる(笑

次は11㎞離れた藤沢市石川のうどん屋「自遊席」に13時26分とうちゃこ。
38分も走るとすっかり暑くなり、カキ氷の冷たさは欠片も残っていない。
ウェイティングリストに記入して、向かいの日影で30分待つ。
sns19081014.jpg
梅おろしうどんとナスの天ぷら。
sns19081015.jpg
表に出たら少し気温が下がっているように感じた。
うどん屋さんで氷と水をボトルに頂き、境川を遡ります。
追い風アシストは快適だった、それでも家に着いた頃はボトルは空になった。
70㎞以上走ったのはAACR以来だなあ。

今回のコース
https://yahoo.jp/xfWZqU



走行時間 4h03m(行動時間 8h23m)
走行距離 71.33km
平均速度 17.6km/h
nice!(0)  コメント(0) 

ツールド苗場山アプローチ編 [ポタリング]

sns19080305.jpg
今年から「グルットまるごと栄村100kmサイクリング」は「ツールド苗場山 栄村100kmサイクリング」と名前が変わりました。
8回目の栄村100kmサイクリングですが、今年も日和って「宿泊50㎞コース」なのだ。
5時13分に家を出て、中央道、圏央道、関越道と走り7時50分、赤城高原SA到着。
朝食は水沢舞茸天うどん
sns19080301.jpg
武尊山方面は雲がかかって見えない。
谷川岳は分かっている人には微かに見えるが、知らない人には見えない程度に霞んでいる。
水上ICあたりからは谷川岳はバッチリ見えた。

谷川岳PAで
sns19080302.jpg
水を汲んで、
sns19080303.jpg
ながーいトンネルを抜け、関越道塩沢石打ICを9時13分に降りて国道353号線で十日町に出て国道117号線で栄村に入る。
飯山線森宮野原駅に寄り道
sns19080304.jpg
10時02分、さかえ倶楽部スキー場に到着。
sns19080305.jpg
自転車を組んで
sns19080306.jpg
さかえ倶楽部スキー場で受付を済ませ、酒の注文書を出して。
11時02分 出発だ。今年はゲートが無いようだ。
sns19080307.jpg
今年100㎞コースは大幅に変わって津南の国道405号を走る。
うん、これは新しいコースだからチャレンジしてみよう。
国道405号を走るってことは秋山郷へ向かう「宿泊50㎞コース」のマイクロバスが走るから、途中で挫折したら拾ってもらえるかも(笑
コースの最低標高地点の百合居橋までは降りだから楽ちん。
sns19080308.jpg
千曲川濁ってるねえ。
sns19080309.jpg
大会本部からメリダ号に電話が入った、自走で行かれるのですよね?と言う確認
メリダ号は申告しなかったようだ(笑
電話してる間に人間は日陰でちょいと休憩、暑いなあ。
sns19080310.jpg
栄村役場が見える。
sns19080311.jpg
森宮野原駅も見える。
sns19080312.jpg
林道から県道507号に出て緩い坂を登る。
暑くてたまらん、水を頭からかぶる
sns19080313.jpg
1.3㎞走ってまた頭に水をかける
sns19080314.jpg
長瀬から志久見川に降り長瀬橋で渡り上加用に出る。
ここには明日はエイドが出来るはずだが、今日は何もない。
ここから1.2㎞平均斜度9.2%の坂を上る。途中300mは12~13%の坂だ
sns19080316.jpg
坂を登り切ると日陰の全く無い炎天下を9.5㎞ほど走る。下り基調なのが救いだ。
sns19080317.jpg
津南ひまわり広場に到着。自転車駐輪は無料、バイクや車は駐車料金が要るようだ。
sns19080318.jpg
アスパラのジェラート、美味い。
sns19080319.jpg
出店が沢山出ていた、ここで食べておけば良かったと後で後悔した。
sns19080320.jpg
チコちゃんどこにでもいるなあ(笑い
sns19080321.jpg
写真撮ったらさっさと行こう、って25分もロスタイム。
sns19080322.jpg
石坂トンネルを降り、中津川を渡る。
sns19080323.jpg
石坂橋と言うらしい。国道405号線に出る。
sns19080324.jpg
味所 太平に到着、なんか怪しい雰囲気
sns19080325.jpg
何ですと!まだ2時前なんですがorz
sns19080326.jpg
あーあ、ひまわり広場で食べればよかったのにと後悔。
あきらめて津南の中心街へ5㎞ほど降ります。
冷蔵庫を回収中の電気屋さんに、食事処の情報を聞きます。
「この先にトンカツ屋があるけど、やってるかなあ?」
行ってみたらやはり準備中の札が出ていた。
ここら辺りのお昼の時間って短いのね。
しょうがねえなあ最後の頼みだ、出来たばかりのローソンへGO。
かなり広いイートインスペースでオニギリとキュウリの一本漬けとベーコン&ポテトをいただきました。
緩ーい坂を5㎞ほど登り「味所 太平」まで戻って来たら11㎞ほど無駄足を使ったらしい。
往復で1時間30分だから1時間のタイムロスか。
「味所 太平」辺りは4%坂だが段々キツクなり7~9%へと斜度が上がっていく。
15時38分、大会本部へ回収依頼をすれば良かったかなあと考えながら、ふと気配を感じ横を見たら栄村のマイクロバスが追い越して行くところだった。
ああああ、既に遅しorz
後16㎞は頑張るしか無い。
ここの2連ヘアピンから上は8%ぐらい
sns19080327.jpg
350mほど押して歩く。
水分補給をあてにしていた津南酒造は土曜日だからお休み。
sns19080328.jpg
ちょっと復活したので自転車に乗り300m走ったら民家があった。
表の水道を借りて頭から水をかぶる。
少し元気が出たのであと500mを頑張りピークを越える、久々の降りは気持ちが良い。
自販機があったのでアクエリアスを買う、国道沿いと言うのはこれがあるから助かる。
おお、かなりの高低差の導水管だ、400mぐらいあるらしい。
sns19080329.jpg
中津川第一発電所です。
sns19080330.jpg
国道405号線から林道へ左折して、坂を50mほど登り始めて
16時40分 電話が鳴る、カミさんからかと思ったら「えーのかみ」からだ。
「今何処ですか?」
『小赤沢まで後9.5㎞、国道から見倉へ登る分岐の所です。』
「迎えに行きましょうか?」
即『お願いします!』と待っている分岐点
sns19080331.jpg
車に乗って宿に着いたのは17時35分、着替えを持って小赤沢温泉養楽館まで歩く。
温泉出たのが18時30分、おっと生ビール飲む暇はない。
宿に帰って18時40分から夕食
sns19080332.jpg
食事が終わる頃は眠気MAX、デザートはパスして部屋に戻りバタンキューの一日でござった。


今回のコース




走行時間 3h35m(行動時間 6h45m)
走行距離 51.25km
平均速度 14.3km/h
獲得標高 846m
nice!(0)  コメント(0) 

恩田川~鶴見川周回ポタ [ポタリング]

今週末は栄村100㎞サイクリングだと言うのに、前回(10日)から乗ってない、約3週間サボっている。
これはイカン、気休めにひとっぱしりしてくるか。ってAACRの頃にも言ってたなあ(笑

走行ログをチェックすると鶴見川より恩田川の方が傾斜がキツイので、恩田川から鶴見川へ回る事にする。
ツールも終わっちまった、アラフィリップ残念だったねえ。
今年もツールの空撮でヒマワリをたくさん見たなあ。
恩田川や鶴見川のヒマワリはどうなんだろ。
暑さも下り坂に入った3時半頃に出発。
国道246号を過ぎた、しらとり台の畑でやっと遭遇。
sns19072901.jpg
ありゃ?サドルバッグ着けていないよ。
久しぶりに乗ったので忘れたか?暑さでぼーっとしていたからか?
パンクしませんように!パンクしたらタクシーで帰還だな(笑

小山町の畑
sns19072902.jpg
中山大橋の手前のヒマワリは皆うな垂れていた。
sns19072903.jpg
鴨池人道橋の袂の公園
sns19072904.jpg
鴨池人道橋を渡り鶴見川左岸を遡上する。
橋からすぐの所にあったヒマワリ
sns19072905.jpg
おっと、ここにもあった、小さいから見落とす所だった。
sns19072906.jpg
立葵はほとんど刈られている、雑草扱いだな。
まあ、しょうがないよね個人が勝手に植えているのだから。
sns19072907.jpg
広袴公園にとうちゃこ
sns19072908.jpg
川鵜2羽とコサギ2羽がとまっていた。
sns19072909.jpg

今回のコース




走行時間 1h58m(行動時間 2h17m)
走行距離 36.82km
平均速度 18.6km/h
nice!(0)  コメント(0) 

栄村100kmサイクリング車検証 [ポタリング]

今年から「グルっとまるごと栄村100kmサイクリング」は「ツール・ド・苗場山 栄村100kmサイクリング」と名前が変わりました。
自転車車検証を作成するため相模大野のサイクルショップへ行った。
境川を遡上する。
翡翠スポットの辺りの畑だった所に住宅が建ちはじめていた。
sns19071001.jpg
あれ?前回ここを走ったのは何時だったっけ?
5月10日だ、ちょうど2か月前。

境川中里橋からCRに入り降り相模大野へ。
無事車検証を作成していただき、再び境川CRを降る。
あっそうだ、ここ(金山橋)は工事をしていたんだ。
sns19071002.jpg
sns19071003.jpg
前回ここを走ったのは何時だったっけ?
4月28日か、藤沢に行く途中だったから写真撮らなかった。

ここはマンションでも建つのかと思ったら戸建てか。
sns19071004.jpg
南町田の商業施設はまだ工事中だ。
おやケーズデンキは解体中だ、いろいろ変わって行くねえ。


今回のコース




走行時間 2h10m(行動時間 3h13m)
走行距離 37.24km
平均速度 17.2km/h
nice!(0)  コメント(0) 

伊東ポタ [ポタリング]

sns19070500.jpg
7/5(金)~7/7(日)はクワガタ採取同好会?みたいな方々の伊豆合宿に参加してきた。
金曜の夜はクワガタ採取の後宴会。
土曜の午前中は釣舟で魚釣り、午後は釣った魚でバーベキュー、夜はクワガタ採取の後宴会。
と言うスケジュールだが、船は弱いし、夜は山の中に入る気がしないし、ま、ビール飲むだけだな。
昼間は自転車に乗ろうかなと自転車も積み込む。
梅雨の最中なのダメかもしれないが、雨は金曜の夜からだとの予報が当たるといいな。
などと考えながら6時46分に鶴川を出発。
7時41分に横浜町田ICから東名高速に乗り。
7時55分に厚木で小田原厚木道路に乗り。
8時14分に小田原料金所先のPAで鯵の唐揚げを食べる。
sns19070501.jpg
8時33分に国道135号に降りて、ひたすら海沿いを走る。
10時09分にエクシブ伊豆に到着。
途中の熱海辺りでは日が射していたが、伊東は曇っている。
雨が降りそうな気配はないのでポタリング決行だ。
sns19070502.jpg
当初は大室山方面に登ろうと計画していたが、道路に出たとたん海方面に下ろうと考えを翻す、軟弱だなあ。
下る、下る、人生下り坂最高!って正平は言うけど帰りはこの分登らなきゃいかんと思うと鬱である。
3㎞ほど下ってサイコンを付け忘れている事に気が付く、あっちゃー戻らなきゃいかんのか?と思ったらサイクリングパンツのポケットの中にあった。
道路の真ん中にでかい楠があった。
sns19070503.jpg
4.3㎞で長い下りは終わり、後はUP/DOWNを繰り返す道だ。
門脇埼の吊橋は何度も渡っているから展望台から写真を撮るだけにしておこう。
sns19070504.jpg
sns19070505.jpg
ぼら納屋へ下るコーナーの斜度キツイなあ、逆コースだったら押していたかも。
ぼら納屋を素通りして海岸へ出る。
sns19070506.jpg
さて食事はと見ると、なんと定休日ですか。それで駐車場に車が無かったのか。
sns19070507.jpg
富戸漁港を眺め
sns19070508.jpg
柱状節理の崖を眺め
sns19070509.jpg
富戸の集落に入ったら、宇根展望台の小さな案内看板があった。
宇根展望台探しにちょっと難航、地元民に聞いてやっと場所が分かった。
坂を下って行ったら、最後は階段だった。
sns19070510.jpg
産衣石と言うらしい。
sns19070511.jpg
これが宇根展望台か
sns19070512.jpg
大地はこうして作られたそうだ
sns19070513.jpg
展望台からパノラマ写真を撮る
sns19070514.jpg
ここにも柱状節理の崖が見える。釣り人はカサゴを狙ってると言ってた。
sns19070515.jpg
富戸小学校手前のヘアピンカーブ辺りから斜度がキツクなり、何個かカーブを抜け直線になってもまだ登ってるよ、とゲンナリしているところ。
sns19070516.jpg
川奈港へ下って、人工の岬で写真でも撮ろうかと思ったら、入ってはいけないそうだ。
sns19070517.jpg
地元民はスクーターで入っていたぞ。
sns19070518.jpg
海女の小屋海上亭、入口が暗いからここも休みかと思ったら営業しているようだ。
sns19070519.jpg
海が見える席で
sns19070520.jpg
お昼はあじ丼とあさり汁です。
sns19070521.jpg
ごはん少な目でと言うのを忘れたのでキツカッタよ。
隣のテーブルではこれくらい丼と他に単品料理を注文している、すごいなあ。
さて伊東まではあまり登りは無いはずだ。
sns19070522.jpg
トンネルだ、後ろから車が来ませんように。
sns19070523.jpg
トンネルを抜け少し下ると潮吹き公園の駐車場。
お、電子基準点だと写真を撮ったが、地図には表記されてない謎だ。
sns19070524.jpg
サイクルラックがあったので潮吹き岩を見に行くとするか。
sns19070525.jpg
立派な石碑だなあ。
sns19070526.jpg
急な坂を下りて海岸に出ます。手石島です。
sns19070527.jpg
干潮でしかも波穏やか、潮吹きはみられそうもありません。
sns19070528.jpg
お、ちょっと波が来たけどこんな程度じゃ潮吹かないようです。
sns19070529.jpg
こんな感じで潮吹くらしい。
sns19070530.jpg
伊東市に入り国道135号バイパスを避け市街地の道を走ります。
伊東港に出て観光協会別館の裏から伊東大川の河川敷の遊歩道に入り伊東大川を遡上します。
国道135号バイパスをくぐり藤の広場辺りで遊歩道から一般道へ戻ります。
伊東大川右岸の遊歩道を進むと東海館が見えてくる。
sns19070531.jpg
お、これは?
sns19070532.jpg
七夕はタライ乗り競争が開催される。
sns19070533.jpg
そういえば2013年も七夕の時だったなあ。
sns19070536.jpg
伊東大川沿いに遡上を続けます。
大分暗くなってきたなあと時計を見るとまだ2時少し過ぎ、ちょっとヤバいかな。
八代田発電所から県道12号線を避けようと左岸側の道へ逸れる。
最初は緩い登りだったが段々キツくなってくる。
結局74mほど登らされた。県道12号線を行ったほうが楽だったかも。
さてピークを過ぎた、と下り始めたらパラパラと雨が降ってきた。
あちゃー、持たなかったか。14時30分
県道12号線に戻った所でカメラをジップロックに入れてバッグに収納、これ以降の写真は撮れない。
雨足がどんどん強くなる中を一碧湖の北側まで125mほど登らされ、東側を巻いて30mほど下り、ゴールド川奈CCまで130m登らされた。
大室高原交差点手前の急な下り坂は雨のせいでブレーキの利きが悪いのでスピードが出せない。
ずーっとブレーキを当てながらリムに付いた水を排除しながら下らないとイザと言う時ブレーキが利かないよ。
宿は一旦下った所からでしかアプローチ出来ない。
最後の登りはヤケクソだった。
自転車を車に積んで、荷物を降ろして、玄関から部屋まではスタッフの方が運んでくださった、助かった。
濡れたウエアを着替えて温泉へGO。
温まった後はビールサーバーをセットして、飲みながら後続部隊を待った。
sns19070534.jpg
2013年はまだ缶だったのよ。
sns19070535.jpg


今回のコース




走行時間 2h33m(行動時間 4h21m)
走行距離 36.89km
平均速度 14.5km/h
獲得標高 682m
タグ:自転車 伊東
nice!(0)  コメント(0) 

コーヒー豆買いポタ04 [ポタリング]

月曜もいい天気だ。
昨日(日曜日)の呟きで富士山が綺麗だと書き込まれていたので、最も近い富士ビュースポットに散歩がてら行ってきた。
sns19061601.jpg
これは走りに行かねば、と言うかコーヒー豆が切れている。
日曜か月曜に豆買いに行きたいのだが、いかが?と聞いたら
月曜がいいな、なんて返事。
月曜は売り込み熱心な某証券会社のコンサルを予約していたのだが、そっちよりポタリング優先。
すみません、急用が出来たので予定変更お願いします。
元々、梅雨時で雨模様だから自転車に乗れないでしょ、お話しましょうよ。と言う予定だったからね(笑

で、最も近い富士ビュースポットに行ってみたら、あら雲が、、、、
sns19061701.jpg
何時ものスタート地点、広袴公園に移動。風は追風か!
sns19061702.jpg
真光寺川、鶴見川と下って行くと中里学園の遮蔽版が取れていた。
sns19061703.jpg
ここのケヤキが木陰を作ってくれるようになるには後何年かかるのだろうか。
谷本本町の田圃辺りの空は秋の空みたいだった。
sns19061704.jpg
学校橋付近のタチアオイ街道を抜け
sns19061705.jpg
千代田橋ちょい下の木陰、今年もよろしくお願いします。
sns19061706.jpg
河口から17kmポスト、やっぱり富士山見えないね。
sns19061707.jpg
河口から15.5kmポスト近く、かなり出来上がっている高速道路。
風が強すぎて、自転車をスタンドで立てるのが恐ろしいので背後の堤防に立てかける。
sns19061708.jpg
おや?あれは?
sns19061709.jpg
やっぱり!間ノ岳と北岳か!この季節に見えるのは珍しい。
sns19061710.jpg
こんなしっかりした構造物がないと立てかけられません。
草のなびき具合が凄いでしょ。
sns19061711.jpg
北新横浜の横浜市交通局新羽車両基地から新吉田東のここら辺りまでの2kmは鶴見川は北へ流れる。
この日のこの区間はヒルクライム状態だった。ヒーコラ。
sns19061712.jpg
矢上川に入り慶應大学矢上キャンパスグラウンド下のアジサイ並木
sns19061713.jpg
なんか小振りというか薄いというか
sns19061714.jpg
盛りを過ぎた?ホントか?
sns19061715.jpg
植え替えている所が結構あった。来年か再来年に期待しよう。
コーヒーショップで40分ほどマッタリしてから帰ります。
東本郷町の畑のアジサイに寄って
sns19061716.jpg
恩田川に分かれてすぐの所にあったアジサイを撮って
sns19061717.jpg
環状4号を渡って次の橋の手前のアジサイを撮って
sns19061718.jpg
金井の丸亀製麺でお昼を食べてから帰りました。
夕方、外で掃除機のゴミ掃除をしていたら、やたらとヘリコプターが五月蝿い。
南東の方角で数機旋回を続けている。
もしやと思い部屋に入ってTVを付けたら、また暴走事故か。
sns19061798.jpg
3時頃、その交差点のまさに児童が跳ね飛ばされた所で信号待ちしていたぞ、クワバラクワバラ。
sns19061799.jpg

今回のコース


走行時間 3h45m(行動時間 5h27m)
走行距離 69.60km
平均速度 18.5km/h
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ポタリング ブログトップ